有料老人ホームの入居を考えたときに必ず必要になるのは見学です。

もちろん緊急の場合など見学無しに入居することもありますが、一度入居すると転居するにもたくさんお金がかかるため、見学へ行ってから決めることが理想です。

では、実際に見学へ行く場合はどのようなことをポイントに見ていけばいいでしょうか。実際に有料老人ホームに勤務した経験も元にチェックポイントなどにつてい詳しくご説明します。

有料老人ホームの見学はどのような順序で行われるのか

有料老人ホームはとてもたくさんあり、金額やサービス内容、立地など多種多様です。

そのためまずはホームページなどで有料老人ホームについて調べ、金額など条件に合うところをリストアップしましょう。

※介護施設を探すなら、日本最大級の全国3万件以上の介護施設の中から条件最も適した施設を探すことができるLIFULL介護がお勧めです。

その後実際に有料老人ホームに連絡を入れて見学を希望する旨を伝えます。見学にはご家族のみではなくもちろん本人も同席できます。実際に住むご本人に見てもらうことが一番ですのでぜひ一緒に見学してください。

ただ、ご本人の体調なども考慮して、すべてを一緒に回るのは難しいと言うことでしたら先にご家族だけで見学へ行き、ここがいいんじゃないかと目星をつけてご本人をお連れするのも手です。

また、実際にすぐに入ることを念頭に置かない見学もあります。最近では見学ツアー等もあるようで、老人会からみんなで有料老人ホームを見学へ行ったりもします。

もちろん施設によって違いはありますが、バスで迎えに来てくれ、老人ホーム内の見学と食事を食べてまた送ってきてもらうと言う流れのようです。

うちの母も見学へ行ったことがあり、これまで施設の中がどのようなところか分からなかったのでイメージできてよかったと言っていました。

見学でチェックしたい項目

こちらでは、入居することを前提のチェックポイントをお伝えします。

まずは個室などで施設の説明などを受けます。

事前の説明時は、金額などの説明もあると思いますが、おむつ、おしりふきなど含まれていないことがほとんどですので、基本的な金額にプラスして何にどのくらい必要になってくるのか、入居した場合、実際に支払いはどのくらいの金額になるのかなど確認が必要になります。

電気代、水道代、食事代など毎月かかる費用に対してどのようなシステムになっているのか確認しましょう。

また、見学は昼間だと思いますが、

  • 実際に昼は何人体制で介護士が居るのか
  • 夜は何人体制になるのかの確認
  • 緊急事態が起こった場合の対応

などについても聞いておく必要があります。

緊急事態の場合もちろん家族に連絡がありますが、救急車に施設から誰かが一緒に乗って行ってくれるのか、それともご本人だけが行くのかなど確認もしておきましょう。

家族が頻繁に訪問したい場合は、訪問してもいい時間や、一緒に外出をしてもいいのかなど施設の方針を確認しておくといいです。

その後、実際に生活をするフロアを必ず見せてもらいましょう。

他の方が住まわれている部屋の中についてはプライバシーの問題がありますので見せてもらうことはできないですが、共同のスペース、実際に入るとなると住む部屋などを見学します。

この時にチェックしたいポイントとしては実際に働いている介護士たちの雰囲気、暮らしている人たちの介護度の重さや表情、施設内が清潔に保たれているか、介護士たちの人数は十分居るか、施設内に自由に外の空気を吸える場所があるかなど確認するといいでしょう。

また、食事の時間なら、どのようなメニューなのか実際に見せてもらえますし、食事の時間では無くてもメニュー表を見せてもらうことは可能です。

毎日食べるものなのでお口に合わなければ辛いですので、内容について確認をしておきましょう。

見学後にすること

見学するときは、あわただしい施設の動きに気を取られ見ることで精一杯かもしれません。帰ってきたらもう一度思い出して、何か気になる点が無かったかを書き出しておきましょう。

気になる点があった場合もう一度その点について確認をしましょう。

その後、ここだったらいいかな?と思う施設を見つければ、体験入居を申し込みましょう。少しの時間施設内を見ただけでは分からないこともあります。実際に1日そこでクラスことでイメージもできますし、実際の食事を味わうことも出来ます。

介護士たちについてもじっくり観察することができますので体験入居できる施設の場合することをオススメします。

もちろん体験入居する場合、お金が必要になりますのでいくら必要かについても確認しておきましょう。

また、体験入居と言う名前が付いていなくても「ショートステイ」と言う項目で1日から数日の入居を体験することも出来ます。

体験入居、もしくはショートステイをしてみて問題が無いようならそこへ決めるといいでしょう。

あまりたくさん見に行くと余計迷いが生じるかもしれませんが、納得がいかないまま入居になってしまうとあとで不満も残るかもしれませんので、見学に掛けられる時間とも相談しながら件数は決めればいいです。いくつか見ることで見学のポイントも分かるようになってきます。

すぐに入居を希望していなくても見学は可能なので、前もっていろいろと見ておくのも手ですね。

そうすることで実際に入るときに選ぶ目が養えます。最初にも書きましたが一度入居をしてしまうとお金もかかりますのでなかなか転居は難しいです。

また、最初から予算ぎりぎりの場所を選んでしまうとおむつがたくさん必要になった時など思った以上に費用がかさむことがありますので、余裕のある予算で入居できるところから選ぶことをオススメします。