介護職員にクレームを言ったら扱いが悪くなるって本当?

職員にクレームを言って、対応が悪くなったらと悩まれる方も多くいます。

とくに親が入居している場合、クレームを言ったことで、親が嫌な思いをしたらと心配する方もおられます。実際、職員にクレームを言うことはいけないことなのでしょうか?

介護職も十人十色

施設の職員をひとまとめに考えがちですが、介護感も、価値観も人によって違います。クレームやこちらの意志を伝えることは決して悪いことではありません。

ですが、相手によって、とらえ方は様々です。

クレームを悪くとらえる介護士も中にはいる

施設には多くの介護士が居ます。そのすべての人が同じようにとらえるとは限りません。中にはあそこの家族はクレームを言う、とよく思わない介護職も居るかもしれません。

実際に私が働いていた介護施設でも、入居者さんからクレームを言われて反論している職員は何人かいました。

ですが、どうしても気になることは、ちゃんと伝えておく必要があります。入居者さんのためにも、気になる点については、ちゃんと伝えておく方がいいです。

クレームよりもっといい方法も

ご家族の方も忙しいとは思いますが、できるだけ施設へ顔を出してあげてください。入居者さんご本人のことだけじゃなく、家族の方の顔も分かっていると言うことはとても大きなことです。

この入居者さんに何かあれば、ご家族も悲しむと介護士が考えたときに、実際にご家族の顔が頭に浮かぶのと、浮かばないのとではやはり違いがあります。

それに、家族の目があると言うことも、とても大切です。

ご本人のご様子や、部屋の様子などで何か気になることがあれば、ヘルパーに確認をしてください。そうすることで、家族の目を感じてヘルパーは仕事をしますので、良い介護へつながると思います。

もちろん、多くのヘルパーは、ご家族が来られても、来られていなくてもちゃんと介護をしますので、来れないからと心配する必要はありませんよ。

気になる点について伝えることはクレームではない

気になることがあるときに、伝えることはクレームではありません。なので、気になる点については伝えて大丈夫です。

ヘルパーに伝えても大丈夫ですし、施設長など管理職に伝えても大丈夫です。全体で情報を共有してもらい、以後の介護に反映させてもらってください。

例えば、「そろそろ半そでの方がいいと思うが、まだ長袖を着ているようなのでこれからは半そでを着せてもらえませんか?」逆に、「母は元々寒がりなので、冷房の効いている施設内で半そではこたえると思います。上に一枚カーデガンを羽織らせてもらえませんか?」などです。

家族への要望をヘルパーに聞くこともよい介護につながる

逆に、「何か持ってくるものはありませんか?」など訪問したときにヘルパーに聞くこともよい介護につながります。

そろそろ暖かくなってきたので、夏物の布団のご用意をお願いします」「肌着の枚数が少なく、足りないことがありますので持ってきていただけませんでしょうか?」など、普段接しているから気付くこともあります。

それに、普段からご家族さんが顔を出してくれていると、何かお願いしたい時に言いやすい関係を作ることができます。

お互いに、風通しのいい関係を気付くことができます。なので、施設へ訪問したときには、ぜひ一言声をかけてみてください。声をかけるヘルパーは、施設でよく顔を合わすヘルパーがいいでしょう。

施設で働いているヘルパーは、正社員とパートタイマーが居てるので、長時間働いているパートタイマーなら分かりますが、短時間しか働いていなかったり、仕事の入る日数の少ないヘルパーは、全体のことが分かっていないことがあります。

ただ、声をかけたヘルパーが、短時間しか働いていないなどで、必要な物を聞かれても分からない場合には、他のヘルパーに聞いてくれるはずですので、もし声をかけたヘルパーが分かっていなくても、大丈夫ですよ。