特養と有料老人ホームの違いを分かりやすく解説!

親や親族が住む介護施設を探す場合の選択肢として、特別養護老人ホーム(特養)か有料老人ホームどちらにしようか迷われている方も多いと思います。

ここでは両者の違いを比較していきます。

特徴と比較

特養 有料老人ホーム
運営 地方公共団体や社会福祉法人 民間企業
目的 要介護高齢者のための生活施設 高齢者のための住居
介護保険 施設サービス 居宅サービス、特定施設入居者生活介護
対象者 原則要介護3以上 65歳以上など施設により異なる
部屋タイプ 相部屋がメイン 個室がメイン
一時金 なし 数十万円~数千万円(なしの施設もある)
月額費用 7~15万円程 15~30万円程
空室 即入居は難しい 施設によっては即入居可
減免制度 あり なし

運営の比較

特養では市区町村などの地方公共団体(自治体)や社会福祉法人が運営しているので、あくまで介護サービスを行うということが最優先された施設になります。

一方、有料老人ホームは株式会社などの民間企業が運営しているので、まずは会社としての利益を確保することが最優先されます。

どちらも一長一短ありますが、有料老人ホームの方が運営会社によってサービスの差に開きがあるので、もし有料老人ホームでお考えの方はその施設の口コミや評判を十分に調べてから入居するようにして下さい。

目的の比較

特養は「65歳以上の者であって、身体上又は精神上著しい障害があるために常時の介護を必要とし、かつ、居宅においてこれを受けることが困難なものを入所させ、養護することを目的とする施設」と定義されているのに対して、有料老人ホームは「老人を入居させ、入浴、排せつ若しくは食事の介護、食事の提供、洗濯、掃除等の家事、健康管理をする事業を行う施設」と定義されています。

特養の方がより重度の要介護者を入居対象にしているのに対して、有料老人ホームはあくまで生活支援を目的とした施設になります。

対象者の比較

特養では原則として要介護3以上の高齢者でないと入居できませんが、有料老人ホームでは「65歳以上」など施設が独自に設定した入居条件をクリアすれば入居することができます。

部屋タイプの比較

特養では従来型の多床室(相部屋)と個室、ユニット型個室の3つの部屋タイプがあり、新設されている施設の多くがユニット型個室になりますが、それでもまだ相部屋タイプの施設が多いです。

有料老人ホームではほとんどが個室タイプの施設になります。

一時金の比較

特養では一時金や契約金などは一切発生しませんが、有料老人ホームでは施設にもよりますが基本的に一時金や契約金が必要になります。

サービスの質が高い施設ほど初期費用が高くなります。

月額費用の比較

特養では要介護の状態や施設により異なりますがおよそ7~15万円程になります。

有料老人ホームではおよそ15~30万円程になります。

空室の比較

特養では都市部を中心に待機者であふれている状況です。

多くの施設では数十人~数百人の待機者がおり、緊急性が高い利用者が優先されるので、介護をしてくれる同居人がいたり要介護3の方は後回しになり入居まで数か月から数年待たされることもザラです。

有料老人ホームでは施設により異なりますが、特養に比べると入居は容易です。

減免制度の比較

特養では所得に応じて「特定入所者介護サービス費」と呼ばれる制度により一定額を超えた費用については減免される制度があります。

特定入所者介護サービス費については「「特定入所者介護サービス費」で介護費を安く!申請の仕方や限度額を解説」を参照して下さい。

有料老人ホームでは減免制度はありません。

結局どっちが良いの?

  • 費用を抑えたいなら「特養
  • 所得が低いなら「特養
  • すぐに入居したいなら「有料老人ホーム
  • 要介護(支援)認定を受けていないなら「有料老人ホーム
  • 自分に合ったサービスを受けたないなら「有料老人ホーム
  • 個室が良いなら「有料老人ホーム

何度も言いますが、特養のメリットは何といっても経済的負担が少ないことです。

入居一時金は無料ですし、月額費も有料老人ホームに比べると半額近く抑えることができます。

特養の入居条件である要介護3以上であれば、まずは特養への入居を考えた方が得策です。担当のケアマネにもその様に助言されるでしょう。

ただ緊急性が無ければすぐに入居することは難しいので、すぐに入居したければ、申込みをした特養の空きがでるまでとりあえず有料老人ホームに入居するのも一つの手です。

普通の女性

とにかく担当のケアマネさんに相談して自分に合った施設を選んで下さい!