介護が始まった頃は措置の時代と言われていましたが、その時は国が客観的基準で決めておりましたが、その後は自分が受けたいサービスを自分で選ぶ時代となりました。

介護サービスも民間からの参入も認められ介護は大きな業界に進化してきました。

ですがそれは必ずしも良い事ばかりではありませんでした。介護の大半は国の費用を使用するシステムとなっています。

その為、介護を受ける人が多ければ多い程国のお金がどんどん使われていってしまうという事になります。

その流れにストップをかける為に介護予防に国が力を入れ始め、施設等に入って国のお金を使うよりも、在宅で老化防止をし時折の病院代で抑えたいという本音があり、在宅介護をお勧めする様になりました。

ですが、これは理想と現実の違いで本当に幸せなのかは難しい所なのが現実なのです。

本当に在宅の方が良いのかをまず考える

デイサービスが良いのか考える

国の方針や世間体で色々と自分達の気持ちを抑えて在宅介護を選ぶ方も多いと思います。

ですが、今日そういう我慢がアダになり様々な事件が起きていると思います。確かに日本は謙虚で忍耐力があるのが魅力となっていますが、介護はその場凌ぎでは無くずっと続いていいものです。

なので自分達の希望を無視して建前だけで決めてしまうと結果として誰も幸せになれない可能性があるのです。

勿論本人が施設には入りたくないという希望があるのでしたら無理やり入れてしまうとどうしても今後の関係にも問題が出てきてしまいますが、上記でも書きました通り今だけでは無いんです。

本人が嫌がっているからといって、それだけを理由で在宅を選んでしまっても将来的に皆が幸せとは限らないのです。

なので総合的にしっかりと考えて在宅か依託かを選ばなくてはいけません。

どうしても在宅の場合はデイサービス等をしっかりと利用する

デイサービス利用

残念な事に人間はどうしていても年齢を重ねる毎に体力は落ちていってしまいます。

それは若い人でも同様ですので、高年齢になればなる程体力の低下が激しいといえます。

なので、もし本人がどうしても在宅を譲らない場合は、少しでも体力の低下を防ぐ為にもデイサービス等のサービスを利用する事を考えましょう。

デイサービスを利用する事のメリットは、介護サービスなので料金的な負担は少なくすむという事と、家で1人で運動させているよりも、デイサービスで職員が見ていてくれている所で多少なりとも専門的な機能訓練をしてくれている方が安心で安全です。

在宅介護の狙いは本来の自分をそのままに人間らしく生活を継続していく事により健康維持ができ、それにより医療費や介護保険費の削減を目的として国が推進しているので、結果的に本人が人間らしく健康な生活ができる事が最も大事なポイントなのです。

在宅での介護をする際に気をつけなくてはいけないポイント

転倒する老人

介護の施設等では最も注意をするのは転倒です。

それは何故かといいますと、年齢を重ねた方は転倒する事により骨折する可能性が極めて高いのです。そして厄介な事は高齢になればなるほど、回復も遅くなってしまうのです。

そうなると上記でも書きましたが、回復を待っている間に体力が落ちてしまうのです。そうなると転倒、骨折、寝たきりという最悪な方程式になってしまうのです。

なのでそういう事を防ぐ狙いを込めて施設への入居が好ましいのですが、世間体や風潮が中々難しいという事もあると思いますので、せめて転倒に注意をしなくてはいけないという現実を理解ししっかりとした対策を取りましょう。

人間は日頃からよく使う上半身の筋肉よりも、楽をしたいと思う時に使わなくなりやすい下半身の方が低下が著しいという事がありますので、下半身に注意をして介護補助をする様にしましょう。

歩行ができなくなってしまうと、自分で好きな所にも行けなくなってしまい、心のダメージも大きくなり前向きな考えもしにくくなってしまい、体調不良にも繋がっていきます。

在宅介護は自身が予想しているよりも難しいのでしっかりとした対策を練るようにしましょう。