初めての人に車いすを押してもらう時は、押してもらう方も緊張することがあります。

車いすはただ後ろから押したらいいのではなく、いろいろなことに気を付けて押す必要があることを頭に入れて押しましょう。

車いすを押す際に注意すること

下り坂は後ろむきで

外で車いすを押すとき気を付けないといけないことの一つに坂道があります。上り坂は前から登って構いませんが、降りる際はバックして降りる必要があります。

なだらかな坂に見えても出来れば後ろむきに降りることをオススメします。もちろん、押している人もこけないように足元に注意をする必要がありますが、前から降りていくと乗っている人が前側に倒れてしまうことを防ぐためです。

例えば、お店を出たところにスロープがある場合があります。この場合前からでも降りれそうに見えますが、スロープの最後がちょっと躓くようになっていることがあり、前から降りていくと最後のところでグっと前の小さなタイヤが引っ掛かって止まってしまい、乗っている人がポンと前へ押し出され落ちてしまうことがあります。

踏切を渡るときは直角に進む

踏切を車いすで渡るのはとても難しいです。踏切には溝があり、車いすの前の小さなタイヤがはまってしまうことがあるからです。なので、前のタイヤが溝にはまらないようにわたることが大切です。

まず踏切を渡るときは踏切の前で立ち止まり踏切が閉まる心配が無いかしっかり確認をし、十分わたるだけの時間があることを確認しましょう。

次に前タイヤが横を向かないよう気を付けてわたります。線路に対して直角に渡るようにと言われていますが、溝を越えるときにクルっと前タイヤが回ってしまうことがあり、一度はまってしまうとなかなかとることができません。

乗っている人が重い人の場合は前タイヤを上げることが難しいですが、前タイヤを上げれるようであれば溝を超えるときに軽く前タイヤを上げるのも手です。

溝の上を渡るときには斜めに進む

道路わきなど、溝にフタをしてあることがあります。グレーチングと呼ばれるものです。ここを車いすで通るときも注意が必要になります。

今では車いすの前タイヤがはまらないくらいの溝フタも増えていますが、古いタイプの中には前のタイヤがはまってしまうものがあります。前向きに車いすを押しているとこの溝に前タイヤがはまってしまい急に車いすが動かなくなってしまうことがあります。

急ブレーキがかかったように乗っている人が前へ放り出されることもあるので注意が必要です。これを防ぐためには溝のくぼみに対して斜めに車いすを動かしましょう。斜めに動かすことで溝の前タイヤが落ち込むことを防げます。

ちょっとした段でも車いすは引っかかる

例えば外出中に信号を渡った時、信号を渡り切って歩道へ行くときの斜めになっている部分でも前タイヤが引っ掛かることがあります。

少し重心が後ろタイヤにかかるようにして前タイヤを持ち上げることで乗ることもできます。ですが、乗っている人の体重によっては前タイヤを持ち上げることが難しいこともあります。

前からで難しい場合は後ろむきに後ろタイヤから登るとスムーズに上ることができます。

移動時には必ずフットサポートに足を乗せましょう

移動する際には必ずフットサポートに足を載せ、足を上げておきましょう。レッグサポートと言いふくらはぎの後ろにロープがあるのですが、これも足を守るために必要なのでついていることの確認が必要です。

室内では靴やスリッパをはかずに車いすに乗ることもありますが、フットサポートからつま先が出ているので壁などに足をぶつけないよう気を付けましょう。

施設は廊下などの幅を十分に取っていますが、自宅などでは車いすが通ることを前提になっていないこともあり、車いすギリギリの幅のこともあります。

後ろから押しているときには足が見えにくいですが、足にも気を付けて押すよう気を付けましょう。

逆に移動するとき以外はきちんとフットサポートから足をおろしておくことも大切です。もし、フットサポートに乗せたままにしていて立ち上がるような姿勢になった場合に横転の危険があるためです。