40歳以上であれば原則として介護保険の被保険者になるので、保険料の支払い義務が発生します。

ただ、実際に介護サービスを利用できるのは、第1号被保険者である65歳以上の要介護(要支援)認定を受けた方になるので、40歳~64歳までの方は保険料は徴収されるけど介護保険を使って介護サービスを受けることができないという理不尽が発生します。

(まー、財源の半分は税金なので40歳未満の方も保険料を払っていることになるんですけどね・・・)

特定疾病があれば介護保険を使うことができる

確かに、65歳の誕生日付近にならないと「介護保険被保険者証」が送られてこないので、40歳~64歳までの方は自分が被保険者だという実感がないかもしれませんが、特定疾病があって要介護、もしくは要支援に認定されれば40歳からでも介護保険を利用することができます。

特定疾病とは?

特定疾病とは、他の疾病とは異なる扱いをしている疾病のことで、該当する特別疾病にかかっている保険者に対して優遇措置がとられます。

保険制度の中で使われる言葉なので、皆さん馴染みの無い言葉かもしれませんね。

生命保険や医療保険にもそれぞれ独自の特定疾病が定められていますが、介護保険では、2000年に制定された「介護保険制度」により下記の疾病が特定疾病として定められました。

介護保険に対する特別疾病の定義は、年齢を重ねるにつれて継続して要介護、もしくは要支援になる可能性が高くなる疾病が特定疾病として認定されています。

  • 末期がん
  • 関節リウマチ
  • 初老期における認知症
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 後縦靱帯骨化症
  • 骨折を伴う骨粗鬆症
  • 進行性核上性麻痺
  • 大脳皮質基底核変性症
  • 脊柱管狭窄症
  • パーキンソン病関連疾患
  • 脊髄小脳変性症
  • 早老症
  • 多系統萎縮症
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 糖尿病性神経障害
  • 糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  • 脳血管疾患
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

末期がん

回復の見込みのないがん

関節リウマチ

関節の滑膜に炎症が起きることにより変形して痛みを引き起こす疾病です。

患者は100万人以上いると言われており、特に30~50歳の女性に多い疾病です。

初老期における認知症

認知症の中にアルツ八イマー病やピック病も含まれています。

筋萎縮性側索硬化症

手や足や顔などを動かすために必要な筋肉に信号が伝わらなくなることにより、筋肉が痩せて弱ってしまい、体を動かせなくなったり呼吸が困難になってしまう神経変性疾患の一つです。

後縦靱帯骨化症

脊柱にある靭帯—後縦靭帯が骨化することにより、神経が圧迫されて神経障害を引き起こす病気です。

骨折を伴う骨粗鬆症

骨がスカスカになりもろくなる病気で、ちょっとした負荷で圧迫骨折を引き起こします。

要介護になった原因のおよそ1割が骨折や転倒によるものです。

進行性核上性麻痺

脳の中の神経細胞が減少することにより、脳障害が起きて歩行困難になったり喋りにくくなる病気です。下を見ることが困難になることが進行性核上性麻痺の特徴でもあります。

大脳皮質基底核変性症

歩行障害などが起きるパーキンソン症状に大脳皮質症状が同時にみられる病気です。大脳皮質症状になると手が思うように動かなくなります。

脊髄小脳変性症

脊髄や小脳の神経が変性してしまう病気で、お酒で酔っぱらったときみたいに歩行にふらついたり、酷くなると寝たきりになることもあります。

脊柱管狭窄症

脊柱管が狭くなることにより脊髄や神経根が圧迫される病気です。感覚に障害が出たり筋力が低下することにより運動障害が生じます。

早老症

染色体が不安定性になることにより、見た目も身体も老化が急速に進んでしまう病気で、早老症になると一般的に寿命は低くなります。

多系統萎縮症

歩くときにふらついたりする病気で、神経変性疾患の一つです。

慢性閉塞性肺疾患

肺の中の気管支に炎症が起きることにより空気の流れが悪くなり、その影響で少しの運動ですぐに息切れしたりなどの症状がでます。

喫煙者に多く見られる疾病です。

糖尿病性神経障害

糖尿病の三大合併症の一つです。

脳血管疾患

脳動脈に異常が起きることにより身体に悪影響を及ぼす病気で、血管が詰まることにより起こる脳梗塞や、血管が破裂して起こるクモ膜下出血などがあります。

片方の手足が麻痺したりろれつが回らなくなるなど症状がありますが、何の前触れもなく突然死することもある恐ろしい病気です。

閉塞性動脈硬化症

動脈硬化により血管が詰まって血液の流れが悪くなり、その影響で手や足の指先がしびれたり、最悪の場合、壊死してしまう可能性のある病気です。

解説する女性

これらの疾病になると普通の生活が困難になるので、当然、要介護の対象になりますよね。

誰が特定疾病と認定するの?

介護保険の要介護の認定は、自分が住んでいる市区町村が決定しますが、特定疾病に関しては医師が認定します。

要介護に認定されるまでの手順は?

認定までの手順は、第1号被保険者が要介護の認定を受けるまでの手順と同じです。

認定までの手順に関しては、「介護認定されるまでの手順」を参照してください。